11/28復帰戦 マイクタイソンとロイジョーンズJrの戦績比較

9/12復帰戦 マイクタイソンVSロイ・ジョーンズJrの戦績などの比較雑記ブログ

先日、元ヘビー級プロボクサーのマイク・タイソン」が、*2020年9月12日に現役復帰する、というすごいニュースが飛び込んできました。

その対戦相手はなんと、ミドル級・スーパーミドル級・ライトヘビー級・ヘビー級と、4階級制覇をしたロイ・ジョーンズ・Jr

 

ということで、今回「両者の現役時代の戦績」「プロファイル」、それに「現在の二人の近況」も含めて比較してみました。

ぜひこちらを読んで、試合まで一緒に楽しめたらと思います♪

「マイクタイソン vs. ロイジョーンズJr 復帰戦」は、11月28日(土)に延期となっています。※9/12追記

 

 

マイク・タイソンとロイ・ジョーンズJrのプロファイル比較

マイク・タイソン
 (元WBA・WBC・IBF世界ヘビー級統一王者)

マイク・タイソン

生年月日:1966年6月30日(54歳)
出身地:アメリカ合衆国
身 長:178㎝
リーチ:180cm
利き手:右
階 級:ヘビー級
デビュー戦:1985年3月6日

 

ロイ・ジョーンズ・Jr

ロイ・ジョーンズJr(元IBF世界ミドル級、元IBF世界スーパーミドル級、元WBC・WBA・IBF世界ライトヘビー級、元WBA世界ヘビー級王座)

生年月日:1969年1月16日(51歳)
出身地:アメリカ合衆国
身 長:180㎝
リーチ:188cm
利き手:右
階 級:ミドル級⇒スーパーミドル級⇒ライトヘビー級⇒ヘビー級
デビュー戦:1989年5月7日

 

二人とも、もう50才を過ぎてるんですねー、びっくりです。

 

出身国もアメリカ、年齢も学年でいうと2コ下で非常に近い、身長もほぼ同じですね。ヘビー級としては両者とも小柄な方です。しかし、リーチの長さはロイ・ジョーンズJrの方が若干長いようです

 

あと、決定的に違うのが階級ですね。

 

ロイ・ジョーンズJrはミドル級から階級を少しずつ上げていって最終ヘビー級まで。一方マイク・タイソンは、デビューから引退まで一貫してヘビー級

 

ミドル級とヘビー級の体重差は約18キロですから、ロイ・ジョーンズJrは、階級が変わるごとにかなり大変な調整を現役時代は強いられたはずですね。

 

ちなみに、現役時代の両者の直接対決はありません

今回が初マッチとなりますね♪

 

マイク・タイソンとロイ・ジョーンズJrの戦績などを比較

マイク・タイソンとロイ・ジョーンズJrの戦績などを比較

マイク・タイソンとロイ・ジョーンズJrの「戦績」

 

マイク・タイソンの戦績

  • 58戦50勝6敗 44KO
  • プロデビューから37連勝
  • 史上最年少ヘビー級王者(20歳5か月)

 

ロイ・ジョーンズJrの戦績

  • 75戦 66勝9敗 47KO 
  • プロデビューから34連勝
  • ミドル級出身でヘビー級の王座を獲得した、史上2人目のボクサー(108年ぶり)

 

両者ともデビューから快進撃で勝ち続けているんですね。

 

ちなみにボクシングではないので比較するのもどうかと思いますが、那須川天心は現在35連勝中ですよね。

それが世界的にもメジャーなスポーツのボクシングとなると、その時代にもう知らない人は世界にいない、というぐらいの有名プロボクサーだったんですね。

 

マイク・タイソンとロイ・ジョーンズJrの「KO率」

  • マイク・タイソン のKO率

    75.8%

 

  • ロイ・ジョーンズJr のKO率

    62.6%

 

ここはマイク・タイソンが若干勝っているといったところですね。

両者は戦っている階級が違ってた時期もあるので、いちがいに比較はできませんが、それを差し引いてもマイク・タイソンのKOシーンは、当時とても迫力がありましたよね♪

 

マイク・タイソンとロイ・ジョーンズJrの「デビュー時期」

 

✓ マイク・タイソンのプロデビュー

1985年3月6日、18歳でプロデビュー

 

✓ ロイ・ジョーンズJrのプロデビュー

  • 1989年5月7日、20歳でプロデビュー

 

ロイ・ジョーンズJrは、マイク・タイソンより3年遅れでプロデビューしてます。

 

マイク・タイソンとロイ・ジョーンズJrの「全盛期」

全盛期(ピークといわれている時期)というのも、これまた人により感じ方が違うので、この時期だ!とは言えませんが、ボクシング関係者からの情報を基に判断して書くとこんな感じですかね。

 

✓ マイク・タイソンの全盛期

  • デビューから1980年代まで

 

✓ ロイ・ジョーンズJrの全盛期

  • 1990年代から2003年頃まで

 

改めてみると、マイク・タイソンとロイ・ジョーンズJrの全盛期は、じつは被っていないんですねー。マイク・タイソンは早熟型、ロイ・ジョーンズJrは晩成寄りで。

 

仮にマイク・タイソンのピークが1990年代だったとしても、1990年代のロイ・ジョーンズJrはライトヘビー級、マイク・タイソンはヘビー級一本ですから、けっきょく対戦することはなかった、となりますね。

 

マイク・タイソンとロイ・ジョーンズJrの「引退時期」

✓ マイク・タイソンの引退時期

  • 2005年

 

✓ ロイ・ジョーンズJrの引退時期 

  • 2018年

 

マイク・タイソンの現役は20年。まぁ、リング外での私生活でいろいろ問題事があったりとしましたから、選手としてのピークはもっと短かった気がします。

でも、その20年間で稼ぎ出したファイトマネーは、約3億ドルといわれています。

 

一方で、ロイ・ジョーンズJrはつい最近の2018年まで現役だったんですね。

 

となると、マイク・タイソンはブランクが15年、一方、ロイ・ジョーンズJrはブランク2年と、ここではロイ・ジョーンズJrの方が試合感の点で少し有利に働きそうですね♪

 

マイク・タイソンとロイ・ジョーンズJrの過去逮捕歴や事件など

✓ マイク・タイソンの過去逮捕歴や事件など

  • 12歳までに51回逮捕される
  • 1992年3月 婦女暴行罪などで6年の実刑判決
  • 1997年6月 ホリフィールド戦、試合中に相手の耳を噛んで失格
  • 1998年 交通事故トラブルで暴行事件で2年の実刑判決

 

✓ ロイ・ジョーンズJrの過去逮捕歴や事件など

  • 特になし

 

…っと、ここは圧倒的にマイク・タイソンのKO勝利のようですね(笑)

マイク・タイソン、バックグラウンドがすごすぎますねー。

 

マイク・タイソンの現在とロイ・ジョーンズJrの現在

マイク・タイソンの現在とロイ・ジョーンズJrの現在

じつはここが一番気になるところ。

現役時代は確かに両者ともレジェンド的な選手だったんですが、あれからずいぶんと年月が経過してますんで、どんな容姿に変わっているのか気になるところですよね。

 

ということで、両社の最近のインスタグラムにトリラー(放映権を勝ち取った会社)の投稿がありましたので、そちらを貼り付けておきます♪

 

マイク・タイソンの現在

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Mike Tyson(@miketyson)がシェアした投稿

 

ロイ・ジョーンズJrの現在

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Roy Jones Jr.(@royjonesjrofficial)がシェアした投稿

 

ん・・ヤバいですね(笑)

これで50代とか凄まじいです。

これはほんとにエキシビション試合が楽しみになってきました♪

 

ちなみに余談ですが、マイク・タイソンは現在『タイソン農園』を営んでいるようですね。といっても、大・麻・農・園なんですが(笑)

 

しかし、マイク・タイソンの住んでいるカリフォルニア州は、合法なので捕まることはないんですが、まぁなんともマイクタイソンらしいというか・・・(笑)

吸い過ぎても、体力的に影響はないんですかね?気になるところです。

 

【最後にまとめ】マイク・タイソンとロイ・ジョーンズJrの比較

ということで、今回は2020年11月28日に復帰戦が行われる「マイク・タイソン vs ロイ・ジョーンズJr のいろいろな比較」を解説してきました。

 

 

まぁ、今回はあくまでもエキシビション戦ですから、現役時代のような激しい試合ではないんでしょうけど、やはり両者の現役時代を知る世代にとっては、もうこれ以上ないドリームマッチですから、非常に楽しみですね♪

 

マイク・タイソンとロイ・ジョーンズJrの復帰戦は2020年11月28日です。

ちなみに、時間帯や試合中継などの配信番組や、地上波で見れるのか?などは、まだ決まっていないようなので、わかり次第記事を追加していこうと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました