麻生太郎副総理のフェイスシールドはどこの製品?価格や購入方法を調べてみた

麻生太郎副総理のフェイスシールドはどこの製品?価格や購入方法を調べてみた雑記ブログ

8月18日に、TBS系テレビ「ひるおび!」で放送され話題になっていた、麻生太郎副総理がここ最近よくつけている「自慢の愛用フェイスシールド」(マウスシールド?)について、調べてみました。

 

この記事では、麻生太郎副総理愛用のフェイスシールドが、「どこの製品(メーカー)なのか」、いくらするのか?という「価格」や「購入方法」を解説しています。

 

 

副総理が付けているものだったので高いかなと思ったんですが、予想以上にお手頃商品でした(笑)

すぐ商品用法を知りたい方は、目次から「麻生太郎副総理のフェイスシールド判明!価格と購入方法」をクリック♪

 

麻生太郎副総理のフェイスシールドはどこの製品?その特徴とは?

麻生太郎救総理は、ここ最近マスクより、このフェイスシールドを付けていることが多く見られます。

 

ということで、さっそくその話題になっているフェイスシールド(マウスシールド?)を付けた際の、麻生太郎副総理の画像を確認していきます。

 

こちらがその画像

麻生太郎副総理の透明マスク

出典:NHK

 

こちらの画像を確認すると、左耳から一本支えるアーム枠が出ていますね。

それと、右耳にイヤホンのようなヘッドセット的な機器も確認できます。

 

 

つぎはこちらの画像を確認

麻生太郎副総理のフェイスシールド

出典:毎日新聞

 

今度は、シールドを支える枠の下に、なにやらヘッドセットのようなものが見えますね。

やはりヘッドセットと一体型のマウスシールドなのでしょうか。

 

 

・・・というか麻生副総理、ヘッドセットの付け方、さすがに違ってませんか(笑)

 

 

調べていると、なんとGACKT(ガクト)さん、同じフェイスシールド(マウスシールド?)を付けていました(笑)

 

 

 

ということで、麻生太郎副総理のマウスシールドの画像から、特徴がある程度判明しました。

  1. シールドは口を覆うぐらいの大きさ
  2. 支え軸は片方のみ(左耳)
  3. 支え軸の色は黒、途中のつなぎ目はシルバーor白色
  4. ヘッドセット型になっている

 

麻生太郎副総理のフェイスシールド判明!価格と購入方法

 

これまで判明した特徴から、ようやくそれであろう製品を見つけることが出来ました。

そのフェイスシールド(マウスシールド)がこちら

 

麻生太郎副総理のフェイスシールド

 

 

先程まとめた特徴はとりあえず、すべてクリアです♪

これは、ほぼ間違いないでしょう。

 

  1. シールドは口を覆うぐらいの大きさ
    OK
  2. 支え軸は片方のみ(左耳)
    OK
  3. 支え軸の色は黒、途中のつなぎ目はシルバーor白色
    OK
  4. ヘッドセット型になっている
    OK

 

 

ということで、麻生太郎副総理 & ガクト(GACKT)さんのフェイスシールド、ようやく特定です♪

 

 

製品情報がこちら

 

【商品名】 ウィンカム ヘッドセットマスク(1個入り)ブラック【2020年7月20日新発売】


  • 製造販売元:株式会社ウィンカム(本社:東京新宿区)
  • カラー色:ホワイトパール / ブラックパール
  • サイズ:フリー(3か所で調整)
  • 透明フィルム:ポリカーボネート
  • フィルムガイド:ポリカーボネート
  • アーム部:ポリカーボネート、ABS
  • パッケージサイズ:幅140mm×奥50mm×高170mm (+ヘッダー30mm)
  • 重 量:68g

製造元は、やはり日本の会社でしたね。

 

 

 麻生太郎副総理 愛用フェイスシールド(マウスシールド)の特徴とメリット

  • 長さ、確度の調整可能
  • ヘッドセット型マスクで耳が痛くなりにくい
  • 防雲・抗菌加工で曇らない
  • マスクと違い口元が見える

 

※マイク機能や通話機能はついていません。
耳の負担を和らげる目的のヘッドセット型。

 

 

あと、価格について調べてみたら、ショップによりまちまちでした。

なので、購入検討されているなら、下記より最安値を探した方がお得ですね。

※5~15セットでロット販売もしているので、間違って購入されないように注意

 

 

まとめ:麻生太郎副総理のフェイスシールドはどこの製品?価格や購入方法を調べてみた

まとめ:麻生太郎副総理のフェイスシールドはどこの製品?価格や購入方法を調べてみた

 

今回は、麻生太郎 副総理が最近愛用している、話題のフェイスシールド(マウスシールド)について、調査して解説してきました。

どうやらこの製品、『王様のブランチ』で紹介され、『爆買い☆スター恩返し』など、現在いろんな番組でも使用されているようですね。

 

 

しかし、自らいろいろ試してみる麻生太郎副総理ってなんだかいいですね。

 

ガクト(GACKT)さんは、いつもサングラスを愛用しているので、マスクを着用すると顔が全部隠れちゃって誰だか分からなくなる、ってのもあるんでしょうね(笑)

他にも、渡辺直美さんやチョコレートプラネットさんなど、芸能人の方が良く使用されてますね。

 

ガクト(GACKT)さんは白色バージョン、麻生太郎さんは黒色バージョンです

 

 

 

今のところ防疫機能としては、マスクの方が断然良いといわれていますが、マスクはどうしても息苦しかったりしますし、接客業などのしゃべる仕事であれば、なおさらツライですからね。

 

まだまだフェイスシールドやマウスシールドは、普及しているとはいいがたいですが、将来的には、より快適で機能性に優れた商品が増えてくるのかもしれませんね♪

 

よければこちらもあわせてどうぞ。

非接触型体温計「サーモゲート 零-ZERO-」の特徴や性能を調べてみた
ドアにペタッと貼り付けて使用する、非接触型体温計「サーモゲート 零-ZERO-」についての情報。ハンディタイプの非接触体温計と違い、入室時に自動検知が可能な点など、その特徴や性能、販売価格、購入方法などを調べてみました。

 

 

タイトルとURLをコピーしました