巨大ワニのサンドアートを作ったWest Coast Projectとは?その裏舞台に迫る

巨大ワニのサンドアートを作ったWest Coast Projectとは?その裏舞台に迫る雑記ブログ

青森県西部に位置する鰺ヶ沢海水浴場に、突如現れた謎の巨大ワニのサンドアート。

 

その謎過ぎる巨大ワニ出現に、地元新聞に取り上げられ、ラジオにテレビ、そしてSNSでバズりニュースにまで取り上げられました。

のちに制作したグループが発覚し、製作者「West Coast Project」は地元の鰺ヶ沢町特別賞を受賞するに至っています。

 

 

そんな巨大ワニのサンドアートいったいどんなグループが何の目的でどのようにして作りあげたのか、とても興味深い話題だったので調べてみました。

 

 

巨大ワニのサンドアートを造ったWest Coast Projectってどんなグループ?

巨大ワニのサンドアートを制作したのは、West Coast Project(ウエスト コースト プロジェクト)という、青森県鰺ヶ沢町を拠点に活動する6人組ユーチューバーです。

 

グループは、全員中学校からの同級生で結成していて、現在22歳。

メンバーは、田中健也さん、山本椋太さん、工藤豪さん、佐藤旭さん、他2名の計6名となっています。

 

本人たち曰く、特にサンドアートに関しての知識が技術もなく、素人集団だということですが、とても素人とは思えないリアルな仕上がりになっています。

 

巨大ワニのサンドアートを作った目的は?

巨大ワニのサンドアートを作ったきっかけは、地元の鰺ヶ沢町をもっと明るく、より楽しい町に盛り上げる一環としてYouTubeでなにかできないかと考えたことが始まりとのことです。

 

狙い通り、バズりましたねー。

しかし、West Coast Projectのツイッターのフォロアーは現在57、YouTubeも285名と、バズった割には思ったほど伸びてないようです。

おそらく、グループ名やチャンネル名が覚えずらいのが原因でしょうか(笑)

 

West Coast ProjectのSNSはこちら

ご興味があれば、是非のぞいてみて下さい♪

 

巨大ワニのサンドアートはどうやって作ったの?

巨大ワニのサンドアートはどうやって作ったの?
出典:YouTube「あいあああTV from West Coast Project」

巨大ワニのサンドアート制作にあたっては、YouTubeでも上がっていますが、一体作るのに4~5人がかりで8時間を要したそうです。

 

一番大変だったのは、砂を一点に集めることだそうで、大きなスコップを使用して、ワニの原型となるカタチをつくる為に砂を寄せ集めます。

この作業が全体の8割を占める重労働だそうです。

腰がやられそうですね(笑)

 

その後、水を大量にかけて砂を固めていき、最終的にワニの手足、顔といった細部まで丁寧に造り込んでいくそうです。

サンドアートの巨大ワニ制作過程の画像

出典:YouTube「あいあああTV from West Coast Project」

 

そしてその後、突如現れた巨大ワニが話題を呼び、彼らはさらに大きなワニをその横に作ることを決めます。

 

二体目の巨大ワニは、休むことなく夜中まで作業が続けられ、気付けばすでに辺りは明るくなっていて、朝を迎えていたようです。

その作業時間なんと12時間!根気のいる大作業なんですね。

 

作業中もうわさを聞きつけた見物客が多数きて、その中には鰺ヶ沢町長までも応援に駆け付けたそうです。

West Coast Projectが作成したサンドアートの巨大ワニ2体の画像

出典:YouTube「あいあああTV from West Coast Project」

 

巨大ワニの大きさは、画像を見る限り6~7mはゆうにありそうですね。

 

二匹の巨大ワニの中央には卵のサンドアートも作ってあり、一家族のワニの心温まる空間がそこには出来あがっていました。

サンドアートで作られた巨大ワニの卵の画像

出典:YouTube「あいあああTV from West Coast Project」

 

といっても、リアルすぎて大きすぎてちょっと怖いぐらいですが(笑)

この巨大ワニを制作している模様は、West Coast Projectさんのユーチューブで公開されてます♪

もっと詳しく知りたい方は、そちらをチェックしてみて下さい。

 

ちなみに、巨大ワニのサンドアートは、それから2週間後に雨により崩れて、消えてなくなってしまったそうなので、今はもうないそうです。

なんだか、少し寂しいですね。

 

West Coast Projectが作ったその他のサンドアート

West Coast Projectは、巨大ワニが消えてなくなった後も、小さなワニを作ったり、超巨大タコのサンドアートなども作っているようです。

 

 

巨大ワニの大きさは、なんと15mとのことです!

知らない方が浜辺に足を運んだらビックリしますね(笑)

頭のぐにゃり方やタコの足の吸盤など、リアルすぎます(笑)

 

まとめ:巨大ワニのサンドアートを作ったWest Coast Projectとは?その裏舞台に迫る

まとめ:巨大ワニのサンドアートを作ったWest Coast Projectとは?その裏舞台に迫る
出典:YouTube「あいあああTV from West Coast Project」

今回は巨大ワニのサンドアートを作ったWest Coast Projectと、その作った理由やどうやって作ったかなどの背景を紹介してきました。

 

世間の注目を集める目的で、サンドアートを使い、しかも海の浜辺に川に住むワニを描こうとするところに、とてもセンスを感じますよね♪

見学客はその大きさやリアルさに驚き、みんなカメラで撮影してWest Coast Projectのメンバーに励ましの声を掛けていたのが印象的でした。

 

こんな暗い話題が先行する情勢だからこそ、こういった話題はとても癒されますね。

これからのWest Coast Projectの活躍に注目ですね♪

 

タイトルとURLをコピーしました