WTO事務局長候補の兪明希(ユ・ミョンヒ)ってどんな人?経歴と日本の反応まとめ

WTO事務局長候補の兪明希(ユ・ミョンヒ)ってどんな人?経歴と日本の反応まとめ雑記ブログ

 【ロンドン時事】世界貿易機関(WTO)は8日、空席となっている事務局長の選出について、ナイジェリアと韓国の両候補に絞られたと発表した。11月7日までの最終選考でどちらかを選ぶ。両候補とも女性であり、1995年に発足したWTOで初めて女性がトップに就く。
JIJI.COM(2020.10/8 21:23)

 

ということで今回は、WTO事務局長候補の韓国の兪明希(ユ・ミョンヒ)氏にフォーカスして、その経歴やプロフィール、それに日本での反応などをまとめてみました。

 

兪明希wiki風プロフィール

兪明希wiki風プロフィール

  • 氏 名:兪明希(ユ・ミョンヒ)
  • 生年月日:1967年6月5日(53歳)
  • 出身地:韓国蔚山(ウルサン)
  • 配偶者:チョン・テオク(元公務員兼政治家)
  • 家族構成:夫、娘、息子
  • 学 歴:ソウル国立大学(1990年英語文学士号・1995年公共政策修士号)
        ヴァンダービルト大学 (1999年–2002年法学博士号)
        ニューヨーク州立大学(2003年~)

 

兪明希の学歴・経歴プロフィール

兪明希の学歴・経歴プロフィール

  • 精神女子高校
  • ソウル大学英文学科

  • 1991年:国家公務員合格
  • 1992年:行政省
  • 1998年:外務貿易省
  • 2003年:韓国-シンガポールFTAに参加
  • 2005年:外務貿易省FTAポリシー課長
  • 2006年:外務貿易省FTAサービス交渉課長
  • 2007年~2010年:中国韓国大使館(一等書記官・カウンセラー)
  • 2010年:シンガポールAPEC事務プログラムディレクター
  • 2013年:産業通商資源部(MOTIE)
  • 2014年:外国メディアスポークスパーソンに任命、大統領府
  • 2015年:FTA交渉および東アジアFTA、産業通商資源部 事務局長
  • 2017年:貿易政策局長
  • 2018年:貿易副大臣
  • 2019年:貿易大臣
  • 2020年:世界貿易機関事務局長に立候補
  • 現在に至る

パク・クネ政権時には、大統領府広報首席秘書室で外信報道官として働いていた。

 

兪明希(ユ・ミョンヒ)が事務局長候補になっているWTO(世界貿易機関)とは?

WTO(世界貿易機関)といえば、世界各国の貿易が自由にできるようにとルールやトラブル解決を担っている機関、いわば貿易に関しての総監督のような役割。

 

そのトップ(事務局長)に、韓国の貿易大臣である兪明希(ユ・ミョンヒ)が座るかもしれない。

 

世界貿易機関(せかいぼうえききかん、英: World Trade Organization、略称:WTO)は、自由貿易促進を主たる目的として創設された国際機関である。常設事務局がスイスのジュネーブに置かれている。
引用:Wikipedia「世界貿易機関WTO」

 

WTO事務局長候補「兪明希」に対する日本の反応は?

 

2019年、日本は韓国に対して半導体の輸出規制を行う。

 

その規制理由について日本政府は明言していないが、フッ化水素などの規制対象品目は、戦闘機やレーダーなどの通常兵器や、化学兵器の製造などにも応用可能な品目。

それらがいったん韓国に輸出され、そこからさらに北朝鮮に流れたのではないかと、日本政府はにらんでの今回の規制ではないかと報じられている。

 

そして、日本が韓国への半導体の輸出規制をおこなった際に、通商交渉本部長として日本を批判していたのが、今回WTO事務局長の最終候補である兪明希(ユ・ミョンヒ)氏となる。

 

現在も日本は、韓国と輸出規制をめぐるWTO紛争中。

 

日本としては、WTO(世界貿易機関)に公平性や中立性が保たれなくなるのではないか?と懸念しているという。[共同通信9/24]

 

兪明希(ユ・ミョンヒ)氏は、7月の会見で、輸出規制強化措置などで悪化した日韓関係にもかかわらず、「韓国と日本は多国間貿易を促進しなければならないという考えを共有している」とし、日本の支持を期待するという立場を明らかにした。

 

それに対し韓国報道各社は、これまでの日韓の出来事を報じた上で、今回さすがに日本から賛成をもらうことは困難であろう、と冷静に報じている。[asiae.co.kr]

 

WTO事務局長候補「兪明希」に対する世間の反応(日本)

WTO事務局長候補「兪明希」に対するSNS反応(日本)

 
 
WTO事務局長の最終選考結果は、11月7日となっています。
 

タイトルとURLをコピーしました