レアメタルってなに?わかりやすく簡単にレアメタルを解説

レアメタルってなに?わかりやすく簡単にレアメタルを解説雑記ブログ

日本EEZでコバルトやニッケル採掘に成功…リチウム電池に不可欠なレアメタル


 石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)は21日、日本の排他的経済水域(EEZ)でコバルトやニッケルを含む鉱物の採掘に成功したと発表した。リチウムイオン電池に不可欠なレアメタル(希少金属)で、中国依存度が高く、国産化が課題となってきた。

引用:読売新聞オンライン8/21(金) 

 

 

といった、喜ばしいニュースが入ってきました。

 

ところで…「レアメタル」ってなに?

 

ということで、今回「レアメタル」を出来るかぎりわかりやすく、簡単に解説していこうと思います。

 

そもそもレアメタルってなに?どんな金属のこと?

そもそもレアメタルってなに?どんな金属のこと?

 

まずは「レアメタルとはどんなものを指すのか?」をWikipediaで調べてみました。

 

レアメタルとは


レアメタル、希少金属(きしょうきんぞく)は、様々な理由から産業界での流通量・使用量が少なく希少な非鉄金属のこと。

出典: ウィキペディア(Wikipedia)

 

と…ここで「非鉄金属」という、聞きなれないワードがあったので調べてみました。

 

非鉄金属とは


非鉄金属(ひてつきんぞく、英: non-ferrous metal)とは、鉄および鉄を主成分とした合金つまり鋼(ferrous metal)以外の金属のすべてを指す。

出典: ウィキペディア(Wikipedia)

 

 

なるほど、簡単にいうと、鉄以外の金属ということですね。

 

ということで、これらをまとめると

  • 【レ ア】 ⇒ 珍しい、なかなか採取出来ない、あまり流通しない
  • 【メタル】 ⇒ 産業に利用されている鉄以外の金属

となります。

 

 【結論】レアメタルとは

  • 産業に利用されている鉄をのぞいた金属の中でも、なかなか採取出来ない、あまり流通しない珍しい金属鉱物のこと

 

「補足情報」
経済産業省は、レアメタルを「地球上の存在量が稀であるか、技術的・経済的な理由で抽出困難な金属のうち、現在工業用需要があり今後も需要があるもの」と定義しています。(経済産業省2010年資料:レアメタル資源確保の現状と課題)
 

レアメタルの種類とその用途とは?

 

前項で説明しましたが、「レアメタルとはどんなものか?」については、ある程度理解頂けたと思います。

次に、

  1. レアメタルには、どんな種類の鉱種があるのか?
  2. そしてそれらがどんな用途で利用されているのか?

という疑問について調べていきます。

 

 

 まずは身近に使われているレアメタルを一部紹介

  1. 白 金:プラチナ貴金属
  2. コバルト:リチウムイオン電池の正極材料
  3. リチウム:バッテリーなど(リチウムイオン電池材料)
  4. ニッケル:充電式電池システムなど
  5. ガリウム:半導体、コンピューター、小型家電のチップ等の素子
  6. タンタル:携帯電話、パソコン、サーバー、GPSカーナビ自動車制御デバイス、航空宇宙などに使用するコンデンサーの材料 
  7. タングステン:超硬工具(ダイヤモンドの次に硬い人工金属で出来た工具)
  8. ガリウム:LEDライト(青色発光ダイオードの素材や化合物半導体材料)
  9. インジウム:太陽電池や液晶テレビなどの透明電極の材料
  10. バリウム:管球・光学ガラス、フェライト、X線造影剤など

 

プラチナ」は希少価値があるのは知ってたんですが、まさかあの健康診断で胃の検査で飲まされる「バリウム」も、じつは「レアメタル」だったんですね。

 

 

レアメタルは、今後も次世代の「自動運転システム」や「高度なIoT」などで、さらにその需要が高くなるといわれています。

希少価値の高いレアメタル確保の為に、日本は10年以上前からレアメタルやレアアースどのリサイクルについての取り組みと対策などがなされているようですね。

 

「レアメタル」全31種品目

リチウム、ベリリウム、ホウ素、チタン、バナジウム、クロム、マンガン、コバルト、ニッケル、ガリウム、ゲルマニウム、セレン、ストロンチウム、ジルコニウム、ニオブ、モリブデン、ルテニウム、ロジウム、パラジウム、インジウム、アンチモン、テルル、セシウム、バリウム、ハフニウム、タンタル、タングステン、レニウム、白金、タリウム、ビスマス
 

日本にとってレアメタルってどのくらい価値があるの?

前項で解説したように、日本ではあらゆる製品や製造にレアメタルを使用しています。

そして同時に、日本は世界でもトップレベルのレアメタル消費大国となります。

 

では、どのくらい日本はレアメタルを消費しているのか。

  • インジウム(太陽電池や液晶テレビなどの透明電極の材料)などは、世界で採れる約86%を日本が消費している。
  • コバルト(リチウムイオン電池の正極材料)においても世界1位(25%)の消費量。
  • その他、レアアースは24%、モリブデンは22%、プラチナは15%を占める消費量

 ※参照元データ(経済産業省2010発表分)

 

という感じで、けっこう日本は貴重な資源を使いまくっているんですねー。

ということは、日本の工業系は「レアメタル」によって成り立っている産業が多いということがわかります。

 

 

しかし、残念ながら日本はそのレアメタルを、ほぼ100%海外からの輸入に頼らなくてはいけない現状なんです。

 

日本にとってレアメタルってどのくらい価値があるの?

出典:経済産業省 資源エネルギー庁

 

 

その理由は、日本ではそもそもレアメタルの採れる量が少なかったり、あとは環境問題などからコストが合わずに利用されていないということですね。

 

ということで、「レアメタルは、日本にとってなくてはならない、非常に貴重な資源」ということです。

 

日本におけるレアメタルの今後の課題

しかし一方で、レアメタルを海外からの輸入に頼ってばかりの日本の現状を、危惧する声も多く出てきています。

 

 実際に過去にあったレアメタルの問題

レアメタルの一種であるレアアースは、次世代自動車のモーター用磁石の製造等に不可欠な金属鉱物資源である。中国はレアアースの世界全体の生産量の 97%を産出し、我が国は自国の輸入量の 92%を中国に依存している。
その中国と我が国の間では、2010 年9月に発生した尖閣諸島沖中国漁船衝突事件をめぐって緊張関係が生じ、中国は我が国に対して事実上のレアアース輸出禁止措置をとった

引用元:経済産業省資料(レアメタル資源確保の現状と課題)

 

わかりやすくいうと、海外からの輸入に依存している為、その輸入先(自国でレアメタルが採れる中国など)とトラブルが生じれば、レアメタルが手に入らなくなってしまうこともある、ということです。

これは今の世界情勢を考えると、とても怖いことですよね。

 

まとめ:レアメタルってなに?わかりやすく簡単にレアメタルを解説

まとめ:レアメタルってなに?わかりやすく簡単にレアメタルを解説
出典:海上保安庁

 

今回は、「レアメタル」について、その種類や用途、それに価値についてわかりやすく簡単に説明してきたつもりですが、いかがだったでしょうか。

 

日本は、国土全体が海に囲まれた島国です。

その領海を含む排他的経済水域(EEZ)の総面積は、世界第6位となっています。

 

その広い日本の領海には、いまだ発見されていないレアメタルがたくさん眠っていることが調査の結果分かっています。

 

そして日本は、2012年から世界初の海底から鉱石を揚げる「海底熱水鉱床プロジェクト」に成功して、現在もそのプロジェクトが進行しています。

まとめ:レアメタルってなに?わかりやすく簡単にレアメタルを解説

 

いつの日か、日本もレアメタル(レアアース)を、中国や他の諸外国に頼ることなく、どんな状況でも安定供給できるようになってもらいたいですね。

 

タイトルとURLをコピーしました