井上尚弥のファイトマネーはいくら?ボクシング試合報酬相場と歴代ランキング

井上尚弥のファイトマネー1億円は高いのか、安いのか?ボクシング試合報酬相場ボクシング

今回は、モンスター井上尚弥のファイトマネーについて調査していきます。

 

正直なところ、他人のお金事情を勝手にあれこれ書くのもどうかと思いましたが、やはりこれだけ注目されているレジェンドボクサーですから、そのファイトマネーについて興味が湧かないわけはありませんよね♪

 

ということで本記事では、2023年7月25日(火)に行われたスティーブン戦で得られた井上尚弥のファイトマネーや、年末に行われると伝えられているマーロン・タパレス戦で得られるといわれているファイトマネー、さらには過去の試合で得たファイトマネー世界、日本の世界チャンピオンの歴代ファイトマネーランキングなどをお届けします。

 

また、トップファイターの華やかなファイトマネー事情だけではなく、明と暗が入り混じるボクシング界の厳しいファイトマネー事情も合わせてお伝えできればと思います。

 

関連記事 

 

広告

井上尚弥vsフルトン戦のファイトマネーはいくら?

井上尚弥vsフルトン戦のファイトマネーはいくら?

7月25日(日)に開催されるWBC・WBO世界スーパーバンタム級タイトルマッチ「スティーブン・フルトンvs井上尚弥」戦で井上尚弥が手にするファイトマネーは最低でも5億夕刊フジが報じています。

初めて米国以外で試合をするフルトンも5億のファイトマネーを手にするようです。

 

仮にフルラウンド(12R)戦ったとしても最大36分間。分給計算で833万円、エリートサラリーマンの年収をたった1分間で稼いでるってことです。いやー夢がありますよねー(笑)

 

➡︎井上尚弥vsフルトンの視聴方法や放送時間はこちら

 

井上尚弥のこれまでに得たファイトマネー(推定)。ドネア戦やバトラー戦など過去9試合分

1試合で3億円以上ものファイトマネーを手にするモンスター井上尚弥。しかし、最初からこんな巨額のファイトマネーをもらっていたかといえばそうではありません。

井上尚弥がこれまでの試合で得たファイトマネーを過去9試合分まとめてみましたのでご覧ください。

 

 対戦ボクサーファイトマネー
2018年5月ジェイミー・マクドネル3850万円
2018年10月フアン・カルロス・パヤノ5500万円
2019年5月エマヌエル・ロドリゲス8768万円
2019年11月ノニト・ドネア1億800万円
2020年10月ジェイソン・モロニー1億1000万円
2021年6月マイケル・ダスマリナス1億900万円
2021年12月アラン・ディパエン1億1000万円
2022年6月ノニト・ドネア22億3000万円
2022年12月ポール・バトラー3億円以上

※上記ファイトマネーは推定。情報元は大橋ジム、サンスポ、米メディアthe sports grail、Boxing Scene、total sportalなど。

 

井上尚弥も2018年頃はまだ4,000万いかないぐらいのボクサーだったんですね。

その後、WBSS(ワールドボクシング・スーパーシリーズ)参戦や米大手プロモータートップランク社との契約、ラスベガスでの試合、バンタム級4団体のチャンピオンにKO勝利を重ね、4年後にようやく3億円を越えるファイトマネーを手にしています。

 

井上尚弥も「あえてファイトマネーを公表することで、ボクシングをやっている子供たちに夢を与えられたら」と話している通り、ボクサーの魅力や素晴らしさを伝えられていることは間違いありませんね。でも、あまり公表しすぎて、また試合当日に空き巣泥棒に入られないように十分気をつけてほしいものです(笑)

 

➡︎試合当日、空き巣に入られた井上尚弥の豪邸がこちら

 

試合に負けたらもらえない?ボクシングのファイトマネーの仕組みや分配・取り分について

試合に負けたらもらえない?ボクシングのファイトマネーの仕組み

ボクシングのファイトマネーはいわば試合給ですから勝っても負けてももらえる仕組みです。ですから今回のケースでは両者とも最低3億円のファイトマネーは保証されているわけです。

 

あと、井上尚弥vsフルトンのような超人気ボクサー同士の試合になると、試合をPPV(ペイパービュー有料放送)で放送することが多くなります。そうなると選手はファイトマネーとは別にPPVの売上に応じた追加ボーナスがもらえます。

 

ちなみに、今回の井上尚弥vsフルトン戦はPPVなし。理由は、放映権を勝ち取ったNTTドコモさんが自社の新映像配信サービス「Lemino」を宣伝するために完全無料で放送することを決定したためですね。NTTドコモさんありがとうございます(笑)

7.25 井上尚弥のテレビ放送は何時から?スティーブン・フルトン戦を無料で視聴する方法!
井上尚弥の練習中の負傷により7月25日に再決定した井上尚弥vsスティーブン・フルトン戦の試合開始時間、対戦カード順、放送される番組名や無料で視聴する方法、さらに両者の戦績比較や本試合の見どころ、大手ブックメーカーのオッズ予想、海外ファンによる勝敗予想や反応などをお届けしています。

 

では次に、ファイトマネーがどのようにして決まるのかという仕組みや分配方法もみていきましょう。

 

ファイトマネーの仕組みと分配

まず、ボクシングの試合(マッチメイク)は下記のような流れで決定していきます。

 

  1. プロモーター(所属ジム)が試合を企画
  2. 試合会場や日程を調整
  3. スポンサーや放映権などを募る
  4. 試合条件やファイトマネーなどの金銭面の折り合いをつけて試合決定

 

プロモーターとは、そのイベントを責任もって主催(プロモート)する会社のことですね。ちなみに、今回の試合、井上尚弥vsスティーブン・フルトン戦のプロモーターは大橋ボクシングジムになります。

 

プロモーターは、観戦チケット料や放映権料、それにスポンサー料などを概算で算出し、選手に出せるファイトマネーを算出します。そして双方の選手や所属ジムにファイトマネーを提示してOKなら試合決定です。ちなみに同じ試合でも選手の人気や実力によってファイトマネーの分配率が変わります。

2022年12月13日に行われた「井上尚弥vsポールバトラー」戦では、井上尚弥のファイトマネーは3億円、バトラーは1億円と言われています。

 

ファイトマネーの内訳とボクサーの取り分

選手はファイトマネーの他に、PPVボーナスCM出演料、選手が個別に契約しているスポンサー料(ボクサーパンツなどのネーム)などの収入があります。もちろん人気ボクサーになればの話ですが。

 

  • ファイトマネー
  • PPVボーナス
  • CM・TV出演料
  • 個別スポンサー料

 

ちなみに、ファイトマネーの約33%はマネージメント料として所属ジムに差し引かれますので、実際選手が手にする額(取り分)は総額の66%です。仮に本試合の井上尚弥のファイトマネーが3億なら、おおよそ1億8千万円が手取りファイトマネーという計算ですね。※報道されている3億がすでにマネージメント料33%を差し引かれている額なのかは不明。

 

以上の内容を踏まえると、2023年度の井上尚弥選手の年収はおそらく5〜6億をゆうに超える計算になりますねー。すごい!

 

関連記事 世界スーパーバンタム級4団体(WBA・WBC・IBF・WBO)最新ランキング表

 

 

ボクシング史上 過去最高額はいくら?ファイトマネーランキング

ボクシング史上 過去最高額はいくら?ファイトマネーランキング

一回試合をするだけで3億以上のファイトマネーがもらえるモンスター井上尚弥ですが、それでも世界をみるとまだまだ上には上がいます。

世界の頂点を極めた、誰もが知っている有名レジェンドボクサーたちのファイトマネーは一体いくらぐらいだったのか、さっそく見ていきましょう♪

 

日本人ボクサーの歴代ファイトマネーランキングTOP10

 

まずは日本人ボクサーのファイトマネーランキングがこちら。

  1. 村田諒太:6億円
  2. 井上尚弥:3億円
  3. 薬師寺保栄(元WBC世界バンタム級王者):2億3900万円
  4. 辰吉丈一郎(元WBC世界バンタム級王者):1億7,100万円
  5. 亀田興毅(元WBA世界バンタム級王者):1億円
  6. ガッツ石松(元WBC世界ライト級王者):7500万円
  7. 畑山隆則(元WBA世界ライト級王者):5,000万円
  8. 渡嘉敷勝男(元WBA世界ライトフライ級王者):3500万円
  9. 村田諒太(現WBA世界ミドル級王者):3,000万円
  10. 竹原慎二(元WBA世界ミドル級王者):850万円?

※これらの金額は自著や番組でのトークなどから推定金額として抽出、公式に発表されたものではありません。

 

1994年12月に行われた辰吉丈一郎薬師寺保栄のWBC世界バンタム級統一王座決定戦の試合は、瞬間最高視聴率65%を超え、当時日本ボクシング史上最高額のファイトマネーと話題になりましたねー。

 

そして2022年4月、村田諒太(帝拳)がゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)と世界ミドル級2団体統一戦を行い、28年ぶりに日本人歴代最高額を更新、推定6億円のファイトマネーを手にしたといわれています。

 

では次に、海外ボクサーの歴代ファイトマネーはどのくらいなのか、見ていきましょう。

 

海外ファイトマネーランキングTOP10

以下、世界(海外)ボクサーのファイトマネーランキングです。

  1. フロイド・メイゥエザー:210億円
  2. マニー・パッキャオ:150億円
  3. オレクサンドル・ウシク:54億円
  4. アンソニー・ジョシュア:54億円
  5. サウル・アルバレス:49億円
  6. タイソン・フューリー:43億円
  7. マイク・タイソン:42億円
  8. ゲンナジー・ゴロフキン:28億円
  9. ウラジミール・クリチコ:23億円
  10. モハメド・アリ:9億円

※ファイトマネーは推定

 

ボクシング史上歴代最高額ファイトマネーを手にしたボクサーはフロイド・メイウェザーで、その額なんと210億円。ひと試合で210億円のファイトマネーとか…次元が違いすぎです。

 

そういえば、フロイド・メイゥエザーは少し前に那須川天心と対戦しましたよね。この試合は公式戦ではないボクシングルールの「エキシビションマッチ」だったんですが、ファイトマネーはなんと1000万ドル(10億円)だったとメイウェザー本人が公表しています。

 

 ちなみに、マイク・タイソンが自己最高額の42億円のファイトマネーを掴んだ試合は、対戦相手(ホリフィールド)の耳を噛んで失格になったという、あの伝説の試合です。

 

ボクシングは世界の頂点(世界チャンピオン)に立つだけではなく、選手の人気や知名度、さらには戦う階級や優秀なプロモーターに恵まれないと夢のようなファイトマネーは掴めないということなんですね。

世界的にみると中量級(ミドル級)以上の試合が人気が高くファイトマネーも高額。井上尚弥のような軽量級の試合で3億稼ぐことは非常にめずらしい。ちなみに軽量級でのファイトマネー世界歴代最高額はナジーム・ハメドの8億円(推定)といわれている。

 

➡︎那須川天心のボクシングデビュー戦情報はこちら

 

ボクシングのファイトマネーって相場はだいたいどのくらい?

ボクシングのファイトマネーって相場はだいたいどのくらい?

では最後に、ボクシングの「ファイトマネーの相場」について。

ここまで超一流ボクサーの目が眩むようなファイトマネーをお届けしてきましたが、一般的はボクサーはどのくらいのファイトマネーをもらっているのか?ということでお伝えしておきます。

 

プロボクサーのファイトマネー相場

  • 新人(デビュー):3〜4万円程度
  • C級ボクサー(4回戦):5〜10万円程度
  • B級ボクサー(6回戦):10〜30万円程度
  • A級ボクサー(8回戦):15〜50万円程度
  • 日本ランカー:30万〜数百万円
  • 世界ランカー:1,000万~
    ※C~A級は、ボクサーライセンス資格

 

上記の金額は月給ではなく1試合分のファイトマネーです。

MAXでも年に3〜4回しか試合ができないボクシングの世界では、仮にプロボクサーになれたとしても生活はかなり困難を極めます。そのため、ほとんどのボクサーはボクシングの練習をしながら別の仕事(アルバイト)をしているといいます。

 

ちなみに、畑山隆則との死闘を繰り広げたことで有名な坂本博之(東洋太平洋ライト級王者)は、デビュー時のファイトマネーが3万円、新人王で10万円、日本タイトルに挑戦するときでも50万円だったと自叙伝「不動心」【※PR】で綴っています。



まとめ:井上尚弥vsフルトン戦のファイトマネーはいくら?

今回は、5月7日(日)に行われるWBC・WBO世界スーパーバンタム級タイトルマッチ「井上尚弥vsスティーブンフルトン戦」で得られるファイトマネーや、ボクシング史上過去最高額などのランキングなど、ボクシングのファイトマネー全般に関する情報をお届けしてきました。

 

ボクサーは一見リングの上では華やかに見えますが、職業としてはかなりシビアな世界ですね。

 

数億円という夢のようなファイトマネーを手にするボクサーはほんの一握り。それでも「いつかは自分も…」と、そんな夢を抱きながら過酷な環境下に身を置き、日々努力を重ねているんですね。そう考えると、またボクシングの見え方が変わってきますよ♪

 

以上、今回はボクシングのファイトマネー事情についてでした。

 

関連記事

7.25 井上尚弥のテレビ放送は何時から?スティーブン・フルトン戦を無料で視聴する方法!
井上尚弥の練習中の負傷により7月25日に再決定した井上尚弥vsスティーブン・フルトン戦の試合開始時間、対戦カード順、放送される番組名や無料で視聴する方法、さらに両者の戦績比較や本試合の見どころ、大手ブックメーカーのオッズ予想、海外ファンによる勝敗予想や反応などをお届けしています。
那須川天心のボクシング2戦目は何時から?9月18日の試合順やタイムテーブルをチェック!
那須川天心のボクシングプロ2戦目(vs.ルイス・グスマン)の試合開始時刻(ゴング)や、同日開催される全試合スケジュールなどの最新情報をお届け。ライブ配信される動画配信媒体サービスや無料視聴・地上波テレビ放送で視聴可能かどうかなども紹介しています。
那須川天心の次戦(2戦目)の階級は?対戦相手?井上尚弥との直接対決の可能性は?
ボクシングデビュー戦を見事勝利した那須川天心は、今後どの階級に行くのか?スーパーバンタムにとどまるのか、それとも一つ下の階級のバンタム級にいくのか?プロ2戦目が9月18日に予定されている対戦相手や、モンスター井上尚弥との直接対決は実現するのか?などの情報をお届けします。

 

タイトルとURLをコピーしました