10/31井上尚弥のファイトマネー1億円は高いのか、安いのか?ボクシング試合報酬相場

10/31井上尚弥のファイトマネー1億円は高いのか、安いのか?ボクシング試合報酬相場雑記ブログ

2020年10月31日(土)、WBAスーパー&IBF統一世界バンタム級王者の井上尚弥選手(27)が、オーストラリアのWBA同級3位・IBF同級4位のジェイソン・マロニー選手(29)と、アメリカのネバダ州ラスベガスで、試合(日本時間11月1日(日) AM10:30~)をすることになりました。

※フジテレビで11月1日20:00放送決定(10/12追記)

 

そこで注目されたのが、井上尚弥選手の今回のファイトマネー額。

この試合で井上尚弥選手は、なんと100万ドル(日本円で約1億円)という、大きなファイトマネーを手にするといいます。

 

…ところで、ファイトマネーの1億円って高いほうなの?

 

ということで、今回…

  • 井上尚弥選手が手にする1億円というファイトマネーって高いの?安いの?
  • 普通、ボクシングのファイトマネーってどのくらいなの?
  • ボクシング史上最高額のファイトマネーってどのくらい?
  • ボクサーの平均年収ってどのくらいなの?

という、意外と知られていない「プロボクサーが稼ぐ報酬・お金事情」について解説していきます。

 

10/31井上尚弥の1億円ファイトマネーって高いの?安いの?

10.31井上尚弥のファイトマネーって高いの?安いの?

 

結論からいうと、10.31の井上尚弥選手のファイトマネー1億円は、「破格」となります。

 

井上尚弥選手が戦っている階級は、バンタム級(体重53.52g以下)です。

ボクシングの階級でいえば「軽量級」としての試合になりますので、本来であれば1億円というような高額なファイトマネーはめったにありません。

 
【 補 足 】
ボクシングでは、階級(体重)が上がれば上がるほど人気が高い傾向があり、その分ファイトマネーも必然的に上がります。
「モハメド・アリ」や「マイク・タイソン」などのヘビー級選手の試合は、一瞬で勝敗がつくほどの迫力があり、テレビで高視聴率を叩き出す人気があるため、たくさんのスポンサーが付き、放映権料も高くなる=ファイトマネーも上がる、という仕組みです。

 

しかも、今回の井上尚弥選手の試合は、「無観客試合」となっていますので、会場チケット代やグッズ収益なども入らないわけです

 

そう考えると、今回の10.31の井上尚弥選手の試合が、いかに破格なファイトマネーなのか、そしてどれだけ世界から注目されているかが、理解できると思います。

 

ちなみに、ファイトマネーは勝っても負けても、その金額を手にすることが出来るそうです♪

 

ボクシングのファイトマネーって相場はだいたいどのくらい?

ボクシングのファイトマネーって相場はだいたいどのくらい?

 

では次に、ボクシングの「ファイトマネーの相場」についての解説です。

 

世界チャンピオンなどの人気ボクサーであれば、高額のファイトマネーを手にできますが、そうでなければかなり厳しい状況のようです。

 

こちらがプロボクサーのファイトマネー相場

  • 新人(デビュー):3〜4万円程度
  • C級ボクサー:5〜10万円程度
  • B級ボクサー:10〜30万円程度
  • A級ボクサー:15〜50万円程度
  • 日本ランカー:30万〜数百万円
  • 世界ランカー:1,000万~
    ※C~A級は、ボクサーライセンス資格

 

このように、プロボクサーになれたとしても、大半がボクシングだけで生活することは難しく、他の仕事をしながら上を目指すといいます。

ちなみに、畑山隆則選手との死闘を繰り広げたことで有名な坂本博之(東洋太平洋ライト級王者)選手は、デビュー時のファイトマネーが3万円新人王で10万円日本タイトルに挑戦するときでも50万円だったと、自身の書いた本「不動心」で綴っています。

 

ボクサーは、リングの上では華やかに見えますが、職業としてはかなりシビアな世界なんですね。

 

これまでのボクシングのファイトマネーの過去最高額ってどのくらい?

これまでのボクシングのファイトマネーの過去最高額ってどのくらい?

 

では今度は、世界の頂点を極めた、誰もが知ってる有名ボクサーたちのファイトマネーは、いったいいくらぐらいだったのか?

さっそく見ていきましょう♪

 

世界チャンプボクサーのファイトマネー(日本人編)

  • 辰吉丈一郎(元WBC世界バンタム級王者):1億7,100万円
  • ガッツ石松(元WBC世界ライト級王者):7500万円
  • 亀田興毅(元WBA世界バンタム級王者):6,000万円
  • 畑山隆則(元WBA世界ライト級王者):5,000万円
  • 渡嘉敷勝男(元WBA世界ライトフライ級王者):3500万円
  • 村田諒太(現WBA世界ミドル級王者):3,000万円
  • 竹原慎二(元WBA世界ミドル級王者):850万円?

※これらの金額は自著本や番組でのトークなどから推定金額として抽出、公式に発表されたものではありません。

 

辰吉丈一郎薬師寺保栄の、WBC世界バンタム級統一王座決定戦の試合は、瞬間最高視聴率 65%を超えたといわれており、日本ボクシング史上、最高額ファイトマネーといわれています。

 

とすると、今回ファイトマネー1億円の井上尚弥選手も、今後順調に勝ち続けると、辰吉丈一郎を越える、日本史上最高額のファイトマネーボクサーとなるかもしれませんね♪

 

 

では次に海外ボクサーに目を見てみましょう♪

 

世界チャンプ有名ボクサーのファイトマネー(海外編)

  • フロイド・メイゥエザー210億円
  • パッキャオ150億
  • マイク・タイソン42億円
  • モハメド・アリ9億円
  • ワシル・ロマチェンコ5億

参考資料:Wikipediaなど※ファイトマネーは推定

 

やはり上には上がいるものです(笑)

ひと試合で200億円のファイトマネーとは…次元が違います。

 

そういえば、フロイド・メイゥエザー選手は、少し前に那須川天心選手と対戦しましたね。

この試合は、公式戦ではないボクシングルールの「エキシビション マッチ」だったんですが、ファイトマネーはなんと!1000万ドル(10億円)だったと本人が公表していいます。

 

ちなみに、マイク・タイソンが、自己最高額の42億円のファイトマネーを掴んだ試合は、対戦相手(ホリフィールド)の耳を噛んで失格になったという、あの伝説の試合です。

 

ボクシングは、世界の頂点に立つだけではなく、その中でも世界的な人気を得ないと、夢のようなファイトマネーは掴めないということなんですね。

 

まとめ:10/31井上尚弥のファイトマネー1億円は高い?安い?ボクシングの試合報酬相場

まとめ:10.31井上尚弥のファイトマネーは高い?安い?ボクシングの試合報酬相場

さて、今回は「10.31におこなわれる井上尚弥の試合のファイトマネーは高いか安いか?」から解説して、「プロボクサーのファイトマネーの相場」や「歴代の高額ファイトマネー選手の紹介」などを解説してきました。

 

最後にまとめると…

井上尚弥選手の今回のラスベガス防衛戦の「1億円」というファイトマネーは、バンタム級では破格のファイトマネー。そして、今回のラスベガスの防衛戦に勝ち、さらに今後も勝ち続ければ、間違いなく日本人として過去最高額のファイトマネーを手にすることになるでしょう♪

 

 

ボクシングのファイトマネー額は、なかなか明かされることも少なく、誰しも興味はあるけど情報がとても少ないものです。

 

今回の各ボクサーのファイトマネー情報は、海外ボクシングサイトやWikipedia、それにボクサー自身が本や番組などで語った内容をもとに執筆していますので、あくまでも推定の範囲ということでご了承いただければ幸いです。

 

ちなみに、10月31日(日本時間11月1日)に行われる井上尚弥選手のラスベガス防衛戦の試合は、「WOWOW」で生放送されるようですよ♪※フジテレビでも11月1日20:00放送決定(10/12追記)

あと伝説のボクサー、マイク・タイソンもエキシビジョンマッチ「WOWOW」で11月28日にリングに復帰するようです♪

興味がある方は要チェックです♪

 

 

タイトルとURLをコピーしました