アグネス・チョウ(周庭)は、なぜ日本語がうまい?上手な理由を調べてみた

アグネス・チョウ(周庭)は、なぜ日本語がうまい?その上手な理由を調べてみた雑記ブログ

香港の民主運動活動家である「民主の女神」こと、アグネス・チョウ(周庭)さん(23)が、2020年8月10日に「香港国家安全維持法違反」で逮捕されたという衝撃的なニュースが、各報道機関より一斉に報じられました。

 

そんなアグネス・チョウ(周庭)さんですが、今回は逮捕のニュースではなく、以前から日本語がうますぎると話題になっていましたので、今回は「アグネス・チョウ(周庭)さんの日本語」にフォーカスして、なぜそんなにうまくしゃべれるのか、を調査していきます。

 

 

アグネス・チョウ(周庭)は、なぜ日本語がうまいのか。上手な理由を調べてみた

アグネス・チョウ(周庭)は、なぜ日本語がうまいのか。その上手な理由を調べてみた

アグネス・チョウ(周庭)のプロフィール


  • 生年月日:1996年12月3日(23歳)
  • 出生地:香港の旗 イギリス領香港
  • 出身校:香港浸会大学
  • 所属政党:香港衆志(デモシスト)(2016-2020)

 

日本生まれでもなく、日本に住んだこともなく、日本に留学したことがないアグネス・チョウ(周庭)さん。

しかし、なぜ彼女はここまで日本語を上手に話すことができるのか。

 

アグネス・チョウさんのYouTubeチャンネル(周庭チャンネル)がありましたので、流暢な日本語をどうぞ。

 

いやー、ホント驚くほど上手ですよね(笑)

棒読みではなくて、話す言葉に感情がのってるんですよね。

 

アグネス・チョウ(周庭)の日本語がうまい理由①「日本のサブカルチャー好きが高じて」

アグネス・チョウ(周庭)さんは、小学6年生ぐらいから、日本のアニメや音楽(アイドル)などのサブカルチャーが好きになりすぎて、なんと独学で徐々に日本語を覚えていったといいます。

 

本人は自身を「オタク」だと認めているようで、日本に来た際には必ずといっていいほど、秋葉原に足を運んでいるようです。

 

日本のアニメに興味を持ったきっかけは、香港で2008年に放送された「きらりん☆レボリューション」だそうです。こちらがそのアニメの画像です。

 

 

『きらりん☆レボリューション』は、中原杏による日本の漫画作品。原作漫画は2004年3月号から2009年6月号まで『ちゃお』にて連載。単行本はちゃおコミックス(小学館)から全14巻。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

 

それ以外にもアグネス・チョウ(周庭)さんは、一番のお気に入りアニメは「Fate/Zero」、アイドルグループでは「モーニング娘。」に「欅坂46」、タレントなら「有吉弘行」、Youtuberなら「はじめしゃちょー」が好きだと公言しており、かなり日本通だということがうかがい知れますね。

 

にしても、あの若さでこれだけ日本語を、しかも独学で話せるようになるとは、すごい努力家ですね。

 

若くして香港での政治活動のリーダー的存在になったのも、なにか一つのことに没頭するタイプの方だったからかもしれませんね。

 

2.アグネス・チョウ(周庭)の日本語がうまい理由② 政治活動で日本のマスメディアに対応してさらに上達

アグネス・チョウ(周庭)さんが、日本語がうまくなったもう一つの理由は、政治活動にあったといいます。

 

皮肉なもので、アグネス・チョウ(周庭)さんは香港での政治活動をする中で、日本のマスコミ対応が増えていったといいます。

それによって自然と日本語に更に磨きがかかったということです。


やはり政治活動をする上で、自分自身の考え方や思想・理想を世の中の伝える・知ってもらう手段として語学は必要不可欠でしょうから、隣国の日本言語をさらに上達せざるを得なかったのかもしれませんね。


今では、中国語より日本語の方が上手になったと本人も語っているほどです。

 

アグネス・チョウ(周庭)の日本語がうまいのは、スピーチだけではなかった

アグネス・チョウ(周庭)の日本語がうまいのは、スピーチだけではなかった

じつはアグネス・チョウ(周庭)さん、日本語を話すことだけが上手なわけではなく、日本語の「読み書き」もすごいんです。

 

彼女は日本人向けのTwitterで、日本語でメッセージを発信しています。

 

 

ホントに日本語が上手ですよね。特に政治関連の専門的な言い回しは難しいはずなのに、普通にうまいですね。でも哀しいのは、そのTwitterの大半が政治に関するもの。彼女の今、香港の現在が伝わってきます。

 

一応、政治以外のTwitterもあったので、それも載せておきます。

 

 

んー、動画を見ると、やっぱり普通の23歳の女の子なんですねー。

ガウチョパンツを知らなかったんで、思わずググりました(笑)

どうやらアグネス・チョウ(周庭)さんは前列左側ですね。

 

アグネス・チョウ(周庭)は、なぜ日本語がうまいのか。まとめ

アグネス・チョウ(周庭)は、なぜ日本語がうまいのか。まとめ
YouTube「周庭チャンネル」より引用

今回は、アグネス・チョウ(周庭)は、なぜ日本語がうまいのか。その上手な理由について調べてみましたが、いかがだったでしょうか。

 

最初は、アグネス・チョウ(周庭)さんがなぜ日本語が上手なのかと、興味本位で調べていったんですが、アグネス・チョウ(周庭)さんの香港に対する思いや、中国に対する葛藤、若くして自身の居場所を死守する為に、すべてを懸けてでも戦い続ける様子に、非常に胸が痛みました。

 

これだけ日本のことを好きと公言してくれるアグネス・チョウ(周庭)さんですが、もし仮に違う時代、いや、平和な時代に生まれていたならば、きっと日本との出会いはより楽しく、より素晴らしいものになっていたに違いありません。

 

もしかしたら香港の「民主の女神」改め、「オタクの女神」などと呼ばれていたかもしれませんね。

そうなると、ひょっとしたら日本の「しょこたん」さんなどと共演してたかもしれません。

 

アグネス・チョウ(周庭)の保釈会見内容。拘束中は欅坂46「不協和音」に救われる
アグネス・チョウ(周庭)さんが無事保釈されたときの最新会見情報8/11。会見で語った心境と、欅坂46「不協和音」の歌詞が頭の中で周っていたという意味などを解説。

 

タイトルとURLをコピーしました