「シマトネリコ」カブトムシが集まる木ってどんな木?画像付きで見分け方を解説

カブトムシが集まる木「シマトネリコ」ってどんな木?画像付きで見分け方を解説雑記ブログ

なぜ? 民家の庭先にカブトムシが大集合 今夏は計60匹確認 群馬・吉岡 「急に集まるように…」


群馬県吉岡町大久保の数軒の民家で、庭先にカブトムシが大量に発生し、近所で話題になっている。

カブトムシが群がるのは、畦上範昭さんと新井直良さんが自宅で育てている樹木、シマトネリコ。2年ほど前から、黒光りする成虫が確認されていたが、今夏はすでに計60匹以上という。

引用元:上毛新聞社(6/19)

 

 

という、なんとも少年の心を躍らせるようなニュースが飛び込んできたので、さっそくその「シマトネリコという木」について調べてみました。

 

「シマトネリコ」カブトムシが集まる木とはどんな木?

 

まず、この話題になっている「シマトネリコ」という木。

なかなかなじみの浅い、今まであまり聞いたことのない木です。

 

カブトムシやクワガタといえば、クヌギや͡コナラ、ミズナラといったところが有名ですが、「シマトネリコ」とはいったいどんな木なのか、基本情報を調べてみました。

シマネトリコ」と、読み間違える人続出みたいです(笑)

 

【和名:シマトネリコ(島十練子)】
【学名:Fraxinus griffithii】

  • 科名 / 属名:モクセイ科 / トネリコ属 常緑樹(別名:タイワンシオジ)
  • 原産地:日本(沖縄県・台湾・中国・フィリピン)
  • 開花期:5月下旬~7月上旬(白い花が咲く
  • 木の高さ:最大15~20m

 

カブトムシが集まる木「シマトネリコ」は、日本では沖縄だけなんですね。

しかし、今では日本全土の公園公共施設のシンボルツリー街路樹、それにガーデニングなどの植栽で多く使われているようなので、よく見ると「シマトネリコだった」ってことがあるようです。

 

ということで、次項で「シマトネリコ」の画像を見ながら解説します。

 

「シマトネリコ」カブトムシが集まる木の見分け方を画像で解説

さっそく「シマトネリコ」画像を見ていきましょう。

 

「シマトネリコ」の画像がこちら

 

「シマトネリコ」カブトムシが集まる木の見分け方を画像で解説

出典:https://www.uekipedia.jp/

 

「シマトネリコ」カブトムシが集まる木の見分け方を画像で解説②

出典:https://yourmystar.jp/

 

「シマトネリコ」の葉っぱ画像ですが、ちょっとこれは…特徴もなく、なかなか見分けが付きにくいタイプですね。

どこにでもありそうな、よくみる葉っぱのカタチです。

葉っぱの色は、種類によって緑に黄色が混ざっているマダラのもあるようです。

 

 

では、次にカブトムシが蜜を吸いに来る、「シマトネリコ」の幹(樹皮)を見ていきましょう

 

シマトネリコの樹皮は灰褐色、円形の皮目があり、古い幹は樹皮が剥がれ、緑色、褐色、クリーム色のまだらになる。小枝は短毛があるか又はほぼ無毛。
引用元:三河植物

 

こちらが「シマトネリコ」の幹(樹皮)

 

「シマトネリコ」カブトムシが集まる木の見分け方を画像で解説③

「シマトネリコ」カブトムシが集まる木の見分け方を画像で解説④

出典元:https://blog.goo.ne.jp/seitakasigi/e/89d0625297a3e7d441f2458ae746695a

 

やはり樹皮が剥がれて樹液に集まって群がるんですね。

ちなみにこの画像の剥げている箇所、カブトムシがかじった痕らしいです。

 

 

7月から10月ぐらいには花が咲くようです。

こちらが「シマトネリコ」の花

「シマトネリコ」カブトムシが集まる木の見分け方を画像で解説⑤

 

この花は「シマトネリコ」をみつけるうえで、目安になりそうですね。

花が咲く時期は7月あたりからですから、カブトムシの時期と重なりますね。

 

「シマトネリコ」になぜカブトムシが群がる?集まる?

 

しかし、なぜこの「シマトネリコ」にカブトムシが集まるのか

カブトムシに人気の理由(条件)を調べてみました。

 

  1. 樹皮が柔らかい為、自力で削って樹液が吸え
  2. 自然脱皮する
  3. 根から水をよく吸う為、樹液がたくさん出る
  4. 日本中どこでも植えられている

 

この「シマトネリコ」、成長して8年ぐらい経つと、自然と樹皮が剥がれてくる(脱皮)そうです。

しかも、その樹皮はほかの木より柔らかく、蜜(樹液)が吸いやすいそうなんですね。

さらには、水をよく吸う植木なので樹液も出やすい。

 

ということで、カブトムシに人気の理由は、「シマトネリコ」の樹木の性質からなんですね。

 

 

SNSやTwitterなどでは、日本全土「シマトネリコ」に集まる、大量のカブトムシの画像などが投稿されていますので、そちらも参考にすると、より「シマトネリコ」の見分け方が分かるかもしれません。

 

ちなみに、クワガタはこの木には集まらないようです

理由は、

  1. 自力で樹皮を剥けない(かじれない)
  2. クワガタは、朽ちた木の中で冬眠したり成長する為

らしいです。たしかにいわれてみればそうですね♪

 

 

みなさんもぜひ、お近くの「シマトネリコ」の木を探してみて下さい。

まだだれも知らない、カブトムシスポットがあるかもしれませんよ♪

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました