海の中道にグランピング誕生!どんな施設がどこにできる?

海の中道にグランピング誕生!どんな施設がどこにできる? イベント

福岡市東区にある「海の中道海浜公園」に、2022年3月より「グランピング施設」や「ヴィラ」などのリゾート施設「滞在型レクリエーション拠点」が新しくオープンすることが発表されました。

 

グランピングといえば、初心者でも手軽にキャンプが楽しめる、今注目のアウトドアスタイルですよね♪



ということで今回は、

  • 海の中道にはいったいどの場所にどんな施設が出来るのか?
  • ドックランなどの既存の施設などはどうなるのか?

といった、施設の全体像(配置場所)も踏まえて紹介していこうと思います♪

 

関連記事 こちらも注目です!

ジブリパークの全アトラクション紹介!千と千尋やハウル城の他にどの作品が再現される?
ジブリパークについての最新情報。ジブリパークには、どんな作品の、どのシーンが、どこに再現されるのか?を完成予定図やイメージ画像などを合わせて紹介しています。テーマパークとしての規模や敷地の大きさや、ジブリパークの場所、楽しめるアトラクションなども詳しく解説。

 

海の中道グランピング新施設の場所と詳細情報

海の中道グランピング新施設の場所と詳細情報

 

✔︎ 海の中道に今回新しく出来る予定のグランピング施設がこちら。

【住所】〒811-0321 福岡県福岡市東区西戸崎【MAP


  1. 宿泊施設
    ・球型テント
    ・ヴィラ
    ・アウトドアリビング
    ・シーサイドキャビン

  2. レストラン・屋外BBQスペース

  3. 浴場施設

  4. 休憩施設

  5. アクティビティ施設
    ・アスレチックタワー
    ・ホーストレッキング
    ・SUP、カヤック
    ・アウトドアフィットネスなど

 

✔︎ そして新施設の配置場所(完成予定図)がこちら

海の中道新施設「グランピング」配置場所

 

ではさっそく、それぞれの詳細や場所について掘り下げていきます♪

 

 

宿泊施設「球体テント」

海の中道グランピング新施設「球型テント」

まず今回の目玉が、この「球体テント」でしょう。

 

合計13棟(一棟4名)設置される予定のようで、夜になるとテントの明かりが、となりのカモ池の水面に映し出され、とても幻想的な雰囲気になるそうです♪

 

イメージ画像を見る限り、入り口には階段も設置されていて、意外に大きなテントですね。

今までにない斬新なカタチをした球体型テントですが、中はどのくらいの広さで、どんな感じになっているんでしょうか♪

 

こういった一風変わった宿泊施設が、やはりグランピングの醍醐味の一つですよね♪

 

 

宿泊施設「ヴィラ棟シーサイドキャビン」

海の中道グランピング新施設「ヴィラ棟・シーサイドキャビン」

続いてのグランピング宿泊新施設は「ヴィラ

 

こちらの設置棟数は3棟(一棟2室)となり、場所は博多湾に面して設置、海を見ながら滞在できるリゾート感覚のおしゃれなヴィラタイプ。

 

朝、窓を開けると入り込む海風がとても心地よさそうですねー♪

カップルに人気のグランピングスポットになること間違いないですね♪

 

 

宿泊施設「アウトドアリビング」

海の中道グランピング新施設「アウトドアリビング」

こちらの施設は、合計12棟作られる予定で、家族やグループなどの多人数でアウトドアな楽しみ方ができる「専有リビング付きグランピング施設

 

サークルで囲われたプライベートな空間を楽しめるのがポイントですね。

 

イメージ画像には、椅子・テーブル、それにテントまで置いてあり、グランピングの醍醐味でもあるBBQなどをしながら、まさにくつろぎの空間が演出できそうですねー♪

 

アウトドアリビング施設は、もともとデイキャンプ場として使われていた場所に新しく建設される予定です。

 

 

新施設「レストラン・屋外BBQスペース」

海の中道グランピング新施設「レストラン・屋外BBQスペース」

 

こちらのドーム型のグランピング施設が、「レストラン・屋外BBQスペース」となります。

 

もともとサイクルセンターがあった場所をリノベーションして、レストランに生まれ変わります。

屋外でのバーベキュースペースも新たに新設されます。

 

特に、レストランでは地元福岡や、九州地域の厳選された食材や食材でのメニュー作りが行われるとのことです。

食事の選択肢が増えるということはありがたいことです♪

 

 

新施設「浴場棟」

海の中道グランピング新施設「浴場棟」

こちらの浴場棟は、平たくいえばお風呂のことですね。

 

夏場などは特に、汗をかいでそのままではなかなか気持ちが悪いですから、ゆっくりお風呂に浸かれるのはありがたいグランピング施設ですよねー。

 

浴場棟の場所もシーサイドに位置していることから、窓越しに海景色を楽しみながらお風呂に入れるということなのでしょうね♪

宿泊施設のすぐそばにある点も便利です♪

 

 

新施設「休憩施設」

海の中道グランピング新施設「休憩施設」

こちらは新しくつくられる大きな「休憩施設」です。

 

といっても、ただの休憩所というよりは、子供向けの屋内遊戯施設などもある多目的広場となるようです。屋根がありますので、雨の日でも遊ぶことができますね。

 

夜になると、ファイヤーピット(キャンプファイヤー)も設置されるようで、昼とはまた違った、落ち着いた大人の空間を演出してくれるのでしょう♪

 

新施設「アスレチックタワー・他」

海の中道グランピング新施設「アスレチックタワー」

最後に紹介するのは、アクティビティスペース。

 

注目は、何と言っても九州最大の高さ17mにもなる「3高層アスレチックタワー」!

イメージ画像を見ても分かる通り、その大きさは半端ないですねー。

 

設置場所は、もともとあった「ドックラン施設」のとなりです。

「ドックラン施設」は、ちゃんとそのまま残すということですのでご安心ください。

 

アスレチックタワーのとなりがドックランスペースですから、犬や子供、そして大人まで楽しめる大騒ぎなレジャースポットになりそうですね♪

 

その他にも、

  • SUP(ボードの上に立ってパドルで漕ぎ進むウォータースポーツ)
  • カヤック(座って漕ぐウォータースポーツ)
  • ホーストレッキング(砂浜を乗馬で散歩)
  • ヨガノルディックウォークなどの屋外プログラム
  • サイクリング収穫体験フィッシングなど、地域と連携したプログラム

など、豊富なアクティビティが用意されているということで、完成が楽しみです♪

 

 

海の中道 グランピング新施設まとめ

ということで今回は、福岡市東区海の中道海浜公園のグランピング新施設についての最新情報をお届けしてきました。

 

海の中道「グランピング施設」の全体予想配置図(完成予定図)

 

 

海の中道グランピング新施設は、2021年7月工事開始で、完成は2022年3月頃を予定しているということなので、楽しみに待ちましょう♪

 

グランピングが楽しめる場所は、福岡でもまだ数箇所しかないので、こういったアウトドアな空間を提供してくれることがありがたいですね。

 

ちなみにペット同伴で利用可能かどうかは、現在問い合わせ中です。わかり次第追記していきます。

 

以上、今回は海の中道に新たに誕生するグランピング施設についての情報でした。

 

本記事の情報は、国土交通省(九州地方整備局)および、国営海の中道海浜公園魅⼒向上推進協議会(2021/5/17発表)の内容をもとに、イメージ画像を引用して紹介しています。

 

関連記事

 

タイトルとURLをコピーしました